ホーム マイアカウント お問い合わせ

UD備前焼湯のみ あつくねええじゃろうカップ

3,600円(税込3,888円)

定価 4,000円(税込4,320円)
販売価格 3,600円(税込3,888円)
購入数
デザイン
箱の種類
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


自助・介護用として開発されたユニバーサルデザインの備前焼の湯呑です。

高級感とぬくもりが感じられる備前焼で、豊かな食事のときを過ごすことができます。

毎日使うものだからこそ、良いものを選びたいですね。










≪特徴≫

●熱いものを入れて持っても手に熱が伝わりにくいので、安全に持ち運びできます。

●透かしを入れて、おしゃれに軽量化をはかっています。

●熱いものを入れているときでも、親指と人差し指は、温度が若干伝わるようにしています。飲む前に、中のものが熱いか、熱くないか判るので、やけどを防いでいます。

●しっかりとカップを握ることができるので、握力の弱い方でも安心です。

●口にあたる部分は薄く仕上げて、飲む前に中の物の温度が熱すぎないか感じとりやすくしています。

●飲むときに首を後ろに大きく傾けなくてもいいような、器の形に仕上げています。



焼成/さんぎり

サイズ/W 約8cm  H 約11cm

重さ/約230グラム

紙箱入り(木箱、桐箱もあり)

衆楽館作





◎備前焼は1つ1つ手作りですので、すべて模様が違います。

在庫の中からお薦めの商品を選んでお送りしますが、自分で選択なさりたい場合は、現在の在庫の中からいくつかの画像をお送りして選んでいただくこともできます。ご希望の場合は、その旨をご注文時に「備考」にご入力ください。

◎箱の種類は、紙箱のほか、木箱、桐箱もございます。


















開発者/武用健さん

フリースタイルスキーの元日本代表選手。現在備前焼販売店のオーナー。

2006年1月、フリースタイル・スキーのモーグルで、宙返りジャンプに失敗、粉砕骨折してしまい、愛用の備前焼マグカップもうまく持てない状況に陥ってしまう。その際、高齢者や障害者の不自由さを実感。

味気のないプラスチック製の食器ではなく、「介護する人、される人が共に楽に使える備前焼があれば」と独学でデザインを研究を始める。そして1年間、研究と試行錯誤を繰り返し、備前焼作家の協力を得て自助・介護用食器にも最適なユニバーサル・デザイン食器「ええじゃろうシリーズ」を誕生させた。


★こちらの商品もオススメです★